即日融資が可能なカードローンはこちら!

銀行カードローンの自主規制の影響はどのようなものか

2010年の改正貸金業法の完全施行によって、消費者金融を含む貸金業者には総量規制が導入されました。しかし、同じような融資形態である銀行カードローンは銀行法の適用を受けるために総量規制は導入されませんでした。総量規制によって融資に大きな制約を受けることになった貸金業者を横目に総量規制がない銀行カードローンは融資残高を順調に増やしていたのです。

しかし、2017年になって銀行カードローンの過剰融資問題がマスコミなどに取り上げられました。銀行カードローンの融資残高が膨大になり、自己破産などの債務整理申請者が増加に転じたことが銀行カードローンの過剰融資が大きな原因の一つとされました。銀行カードローンの過剰融資問題が社会問題化するに連れて当局が動き出したことによって、全国銀行協会が中心となって自主規制が行われることになったのです。

自主規制ですから、それぞれの銀行カードローンによって対応が違っていますが、大まかに言えば銀行カードローンも審査にも貸金業法の総量規制のようなラインを設けることが多くなっているようです。少なくとも銀行カードローンの自主規制が進んでいけば、以前よりも銀行カードローンの審査がより厳しくなることは確実になることでしょう。

このページの先頭へ